内服薬もある|なかなか落とすことができない「しみ」は、美容皮膚科で治療しよう!

なかなか落とすことができない「しみ」は、美容皮膚科で治療しよう!

内服薬もある

見つめる女性

美容皮膚科ではしみをなくすための外用薬だけではなく、内服薬も出してくれます。そしてそのような内服薬にはたくさんの種類のものがあります。たとえばしみの原因であるメラニン色素の生成を防ぐ役割を持つ成分が配合されているものがあります。そのうちの一つがビタミンC誘導体です。メラニン色素は体内で発生される活性酸素の影響を受けて作られます。そしてその活性酸素を抑える役割を果たしてくれるのが抗酸化作用の強いビタミンC誘導体というわけです。またこの成分にはできてしまったしみを普通の色素に戻す還元効果があります。そのためビタミンC誘導体は美容皮膚科で処方されるしみ消し用の薬によく使用される成分なのです。
またビタミンEはビタミンCの働きを強める作用を有しています。加えてこの成分自体にも細胞の老化を遅らせる作用があります。そのため肌の再生能力を活性化させ、尚且つしみに効果のあるビタミンCの働きを助けてくれるのです。この成分もしみを消すための内服薬によく含まれています。
このように体の内側からしみを消す作用を有する内服薬も、美容皮膚科で処方してもらうことができます。もちろんドラッグストアなどでもしみに効果のある成分を含んだサプリメントなどがたくさん販売されています。しかし外用薬同様、美容皮膚科で処方される内服薬は患者さんの状況に合わせて処方されています。そのためこのようなものには高いしみ消し効果が見られるのです。